welcome back!

ジタンを迎えに行くために、18:40頃、いったん職場を抜け出して、先生の所まで。
先生曰く「麻酔も大丈夫だったけど、歯はだいぶひどかった」とのこと。
で、悪い歯を抜いて処置して痛み止め打って、抗生物質打っておいたとのこと。

ここで問題発生!

治療代金が・・・足らない!!

ジタンのヤツ、タダで保護して金ばかりかかりやがって!!

「カードで支払えますよ」「えっ!?」

もう25年以上我が家のかかりつけ医でありながら、カード決済できること知らず。いつも現金をかき集めて支払ってたよ~。何だかいいこと知ったよ。

ジタンは、キャリーケースの中で固まってた。でも、顔を見せて名前を呼んだら「ニャー」と鳴いた。
可愛い奴だ。

吐血

血を吐きましたが何か?

血を吐きましたが何か?

朝、ジタンを撫でようとジタン部屋に入って、そりゃ、まー驚いた。
血のり、っていうか鮮血でドロッとしたのが、普段寝ている毛布の上にべっとりとついていて、思わず「ジタン!大丈夫??」と叫ぶ。
ジタンは、部屋の隅に置いてある低めのキャットタワーについているハウスの中で、こっちに顔を向けて私を見ている。近づくと、口とあごのあたりに血の跡が。下血ではなさそうだ。
カリカリはいつでも食べられるように出してあるけれど、ここ3日間手を付けていない。一昨日ウェットタイプは食べている。
口内炎の影響で、歯茎を掻きむしったのかな?
とりあえず、仕事から帰宅後にまた新たに血を吐いた後があったら、かかりつけ医に行こうと決心。
果たして、18時ころ帰宅して、ジタン部屋を覗くと少量だが吐血の後が。

よっしゃぁぁぁぁぁ、プルルルルル(電話)、「先生のとこ、まだ冬時間?もう4月だから7時まで??じゃ、猫、連れていきまーす」と一報をいれてから出発。
⇒即入院。恐らく歯髄炎?から来る出血の模様。明日、麻酔をかけて歯の治療をするらしい。保護直後の手術で、麻酔からなかなか目覚めず、しかも呼吸が止まった過去を持つジタン様。先生、くれぐれもよろしく。あんな子でも死なれたら悲しくていやだから。
ただ、保護直後よりも、体重は劇的に増えている(1月の治療の時は、2.6Kgだったけど、今回は2.9キロを超えてた)から、多少丈夫にはなってくれている、と期待して。

で、先生の所へ連れて行こうとケージに入れようとしたとき、嫌がっても私には威嚇をせず、相方が手を伸ばしただけで「触んじゃねーぞっウシャーッ!」と威嚇。相方には触らせず、私が確保いたしました。うーん、可愛い子だ。

ねこつぐら

南信州米俵保存会のページから

南信州米俵保存会のページから

ふるさと納税で、長野県は上伊那郡飯島町の町長さん名義で返礼品の「猫つぐら」が到着!!年末にオーダーして4カ月弱かな。冬終わっちゃったけど、いいねー、猫つぐら。自分が猫だったら入るね。
この藁の質感と言い、子供が「これ、すごくいいにおいする!!」と第一声。確かにね。香ばしくて、何だか懐かしいワラのかほり。我が家の猫どもは順番に入って確認してました。20日からページリニューアルしちゃうみたいだけど、もう一度頼んでしまおうかしら!?

ジタン速報
膝に乗って、ゴロゴロ言ってました。ちょっと具合が悪くなりそうなので、医者に行かなくちゃ。

雨のち・・

旅行鞄とサブ昨夜は物凄い雨で、久しぶりに裏の川が氾濫しないか心配になった。それほど増水はしていないなぁ、と思ったけれど、横浜方面は氾濫?した場所もあったみたいだね。

だんだんと春になっていくのかな。まだまだ気分は晴れません。

私の息子の「さぶろく」が私と寝なくなって久しい。新猫やらが来て、だんだんと離れて行った感がある。その代わり・・というか夜な夜な添い寝をするのは「トンか」と「くじゃいら」の2匹。場所は決まっていて、とんかが右側で、くじゃいが左の枕元。
朝方ふ、と目覚めるとそれが「うんじゃるさん」だったり、うんじゃるさんだったはずが、ヒッキーに代わっていたり、やっと起きようと思うと、すずが潜り込んできてまるくなったりする。可愛すぎて、起きれずに、恐怖の2度寝、ね。

にゃんこ達は本当に可愛い。

愛してきたもの

愛しのまる

愛しのまる

ここ数日間の凄まじい喪失感は何だろう。
心に穴が開いているというか。
仕事は忙しいけれど、特にこれと言って心配は無いし・・。

自分が精神的に不安定になっているのかも。
絶望、とまではいかないまでも、不安感、不安定感、喪失感が強い。

過去の日記を読んで、死んでいった猫たちの生きてる頃の記事を読む。心の中でしか逢えなくて、やっぱり悲しい。

ハンスト

ジタンがハンストを起こしている。
だんだんと口内炎も出始めたのかもしれないけれど、まだまだ食べられるはず。
我が家の他の猫たちが食べている「処方食⇒ロイヤルカナン」か、コストコで入手する、カークランドブランドのキャットフードをあげるのだけれど、どちらも手付かずとなってはや3日が経過。
途中心配であげるチュール(皿にだしてあげるバージョン)、は空になっているから、明らかに「気に入らないものは絶対に食わない」という意思の表れでもある。

子供のテニスの終了後、スーパーによって、「〇のスプーン」を購入し、ジタンに出すと。

ほらね。

食いついたよ・・・。

クロパパの思い出

後ろがサブで前が鈴

後ろがサブで前が鈴

家にはクロパパの忘れ形見が2匹。
1匹が鈴(スーさん)、もう1匹がリン(リンさん)。
最初は人懐っこいリンさんの方が、クロパパの血が濃いと思っていた。
でも、最近、スーさんの甘え方に、今は亡きクロパパの面影が、グッと重なる。
鳴き声とか、仕草とかね、そして目の色も、かな。
もう少しで抱っこできそうな距離だったのに、家猫にしてあげられなかったクロパパ。
私の心の、決して小さくは無い痛み。
クロパパへの思いを心に、今日も、スーさんたちを撫でる。

今日も残業。ここんとこ続いてて(繁忙期)、まだ続く予定。満足に食事も作れていない今日この頃。
昨日、相方と子供はファミレス、今日は、私の帰りを待って一緒に外食(うどん系)。明日はどうかな。

BGM/ Yandel – Moviendo Caderas (Official Video) ft. Daddy Yankee

ちぎりましたね?

医者から帰って一夜明けたジタン様。

お腹がすいたのか、カリカリ入れが空っぽでした。
朝、扉を開けたら、カリカリの入った袋を食い破ってポリポリ・・していやがります。

うーん、やっぱり口内炎なのね。食べられない理由は・・。
お薬はきっとステロイドだよね。頻繁には打てないよね・・。

さて、どうしよう。

相方と子供は、夕方に相方の実家に泊まりに行きました。

不安要素

ジタンは寄生虫(回虫)の駆除をしたから、お腹もきれいになったはず。
なのに、先生のところから帰ってきて以来、水しか口にしない。
便は、戻ってきた翌日にほんのちょっと出して、それ以来はおしっこのみ。
ご飯入れは、全く減らない。
今夜、少し鳥のササミのチンしたのを食べた。

血便の原因は何だったんだろう?
週末にまた先生のところへ行こう。

:::

小学校の役員は、声がかかったものの、仕事で出られないこともある旨伝えたところ、他の人のところへ回ったようだ。何でも会長はくじ引きだとのことで、運よくそれを引いた場合、ままならなくなりそうだから、とのこと。
でも、いつかはやらなくちゃ、と思いつつ・・。

全部盛り

昨夜から雪が降り、また積もった。
寒いから、お昼はラーメン!と決めて、食券を出し「横浜風で」とおばちゃんに伝えた。
今日はとんこつ風のラーメンが2種類あって、長浜風と横浜(家系)。ほうれん草の乗った家系が食べたい気分だったのに、仕上がったら「長浜風」だった。高菜と紅ショウガが乗ってる・・「あ、横浜風の方、頼んだんだけどもったいないからコレでいいです!」と私。
そしたら「あーごめんなさい。作りかえる・・」「いやいや、もったいないから」「申し訳ない。横浜の具材載せます」とな。「!?」
私、1杯のラーメンで、2つの地域を制覇だわ。博多と横浜・・。何だか、おばちゃん「ありがとう!!」

美味しかったです。ほうれん草も、高菜も乗った贅沢ラーメンでした。

夕方、今度は相方が半休を取って、ジタンを迎えに行ってくれた。
フロントライン(ブロードライン)がノミ・ダニ駆除だけでなく、回虫・鉤虫などの寄生虫連隊にも効くようにグレードアップしたんだね~、を処方された。
元気になってくれよ。
家に戻ったのがうれしいみたいだった。
保護部屋で1人きりだけど、それでも、少し幸せそうに見えた。

自分のためでもあり・・

仕事が一段落したので、午前休を取得して、朝一番で主治医(獣医)もとへ。
血便から採取したのと、吐き戻した(?)寄生虫をジップロックに密閉したものを一緒に持って行った。
そのまま、先生にジタンを預けた。お迎えは夕方、というつもりで。

出勤まで、あと3時間くらいあるな。ってことで、「お風呂の王様」にレッツゴー!
王様の更衣室でルンルン気分で服を脱いでいるときに、ハタと気が付いた。
「あ、タオル忘れた!」

バカな私。でも、更衣室には、浴用タオル(120円)の販売機があって、良かったー!!
1時間くらいの~んびりお湯につかって、リフレッシュ。

今日は、木曜日。夜はジャザサイズへ行くので、夕飯を作っておこうと、家に帰ってカレーを作ってから仕事へ。
寒い日が続くけど、体動かして乗り切ろうっと。

ジタンは、物凄い貧血(あんだけ血便出たし)なので、点滴が終了するまで(明日まで)入院となった。
凄い回虫の数のようだ・・。

不吉な予感prt2

ジタン君。
保護部屋に入った途端に妙な臭いが・・。
見ると血便。ほぼ血ばかりの血便。

新年あけて、医者に連れて行って以来、調子のよかったジタンだったけれど、4,5日前から便が緩くなっていたのは気になっていた。そこに来ての血便。何だろ・・・。そして食欲も無くなってきたのも気になっていた。

夜遅く、またジタンの様子を見に行って・・・驚いた!
また血便・・。そしてその横に・・・虫の塊が・・・・・。
血便も念のため綿棒で探ると、いるわ。結構。
思えば、ゴロピンを保護したときも、いたよね。マンソン君が。うっかり、その時は素手で引っ張ってしまったよね。
今回はマンソン君ではない。もっと細くてクルッとまいたりして素麺みたいな太さ。

え?
家に来てから半年ですよ。フーシャー!が収まって撫でられ好きな猫に変貌し、ついにはヘソ天で腹まで撫でさせてくれるようになってきたってのに。ここにきての「寄生虫ですか!?」症状全然わかんなかったよ。チューとかしまくりでしたが、わたしも卵飲んでますかね?

おばちゃん、疲れちゃったよ。今、繁忙期で医者に連れて行く余裕ない・・。
とりあえず、木曜日に医者に行くため半休を取ることにした。

冬時間

さぶろくとジタンを主治医に連れて行った。
今日は、私は夕方まで仕事で、子供の習い事が4時半からあったので、それが終了した18時ちょい前に先生に電話した。
「大丈夫だけど・・冬時間で18時までになったんだよ」

!?

なんですと?

なんて洒落たものに手を出したんだっ!先生。

ってことで、当然間に合わないんだけど、お言葉に甘えて、家をダッシュで出て先生の所へ。18時には結局遅れて到着。ごめんね、先生。

さぶろくは4.6キロ。熱はちょっとあって、口の中が、口内炎なのか外傷を受けてのことなのか判別がつかないとのこと。
後日、再び連れて行くことにした。注射を3本。

ジタンは、エイズ陽性だし、口内炎が酷いとこのこと。体重は2.5キロほど。やっぱガリガリだな。
同じく注射を3本。ジタンは2-3週間後にまた様子見に連れて行き、大丈夫そうなら歯石の掃除。

兎に角お医者さんに連れて行くことができて良かった。ほっとしたよ。

それにしても冬時間か。10月~3月まで、って超長くね?
先生と知り合ってから四半世紀経過したねぇ。お互い年取ったもんね、働き方も変わるよね。
でもさ、引退するときは、若手の「腕のいい医者」絶対紹介してよね。

さぶろく

さぶろくの具合がちょっと悪い。
あごが腫れている。
変化に気が付いたのは昨日から。
喧嘩かな?
病気じゃないといいな。
明日、仕事が終わったら、医者に行こう。
何ともないといいな。

思い出は鮮明に

giruandnacky200311月2日は、ギルとナッキーの命日。ギルは2007年。そしてナッキーは2010年、2匹ともいい子たちだった。とても仲良しだった。命日が同じだなんて、先に行ったギルが、ナッキーを迎えに来てくれたんだよね。
特にハスキーの血が入ったナッキーには、雪がとても似合っていた。ギルには精一杯な事をしてあげられたと思うのだけど、ナッキーの最期には寄り添ってあげられなかった自分がいて、今もまだ胸が痛む。
時折思い出しては、ゴメンね、ゴメンね、とつぶやく。いつか、私もそっちの世界に行くから、その時に、ちゃんと向かい合って伝えるね。
ナッキーが辛かった時、優しくできなくてごめんね。撫でてあげられなくてごめんね。

また、一緒に雪遊びしよう。
そして、一緒に寝よう。

いただきました

ちゅ~るちゅ~るciao..

ちゅ~るちゅ~るciao..

何をかって?
ジタンのモミモミですがな~。
撫でてたら、おもむろに揉みだしたんですよ。気持ちいいみたいで。
でさ、私ったら調子に乗ってさ、Ciaoチュールをあげちゃうわけですよ。
うれしそうに、ジタンが(^ω^)ペロペロやりだすの。でもさ、口内炎の痛いところに当たったらしく、ビックリ飛び上がって後じさりした姿を見て、悲しくなりました。
もっと、打ち解けてたら、主治医(獣医)さんのところへも、すぐに連れて行けるのに。

もともと、死にそうなノラだっただから、未だに葛藤する。
ノラらしく、元居た場所に戻して、好きなようにさせてやるのが是が、と。

いやいやいやいや、今となってはそれは無理でしょ。

泥棒ヒゲ模様

くつろぐジタンくん

くつろぐジタンくん

連休前に一仕事。土曜日は土休が取れたので久しぶりの3連休。
その後もいろいろ職場のゴタゴタもあって、忙しくなりそう・・。

今日もジタン君をなでなで。
じっと見ると随分と愛嬌のあるお顔です事。

←Older