真夜中の奇跡

犬を飼い始めてから、何となく夜中に散歩に行くようになった。朝は娘/相方、夕方は私/娘。そして11時過ぎの静かな時間帯は私だけ。近頃、寒い、っていうか冷たくて痛い感じの肌感覚だけど、夜中の散歩、滅茶苦茶お気に入り。

やっぱ怖いのは、予期せぬところにいる「人」。でも、よつは(犬)が一緒にいるしね。もらい受けた当時は、遁走が怖いから首輪とハーネスの二重使いだったけど、もう、慣れて来たし、ハーネスだけにしようっと、ってことでハーネス単体で散歩へ。つけた時に何となく違和感を感じたけれど、ハーネスはしっかりついてるから、そのまま散歩へ。

出発から5分経過。よつはがもよおして、踏ん張る、踏ん張る。あれ?肩からハーネスが落ちている!おいおい、と思った瞬間よつはの体からハーネス抜けた。えぇっ!!どうしよう。最近慣れて来たとは言え、私が1歩踏み出せば、よつはは一歩引く。さえぎるもののない河川敷でもう一度ハーネスを付けるなんて無理!案の定、名前を呼んでも来ない。よつはの出した「う●ち」を片付けるためにしゃがんだ態勢から動けない。でも、よつはは逃げない。そっとスマホに手を伸ばし、相方に電話。ちっ、出ねぇ。もう寝たみたいだ。早いな。

うーん、どうしよう。逡巡すること数分。そうだ!このまま家に帰ろう。よつはは、人の左側に並んで歩くように訓練されている。私がきびすを返すとよつはが右側になっちゃう。うーん。そうね、やっぱりこのままいつもの散歩コースをリードが付いているつもりになって帰ろう!

この方法が功を奏して、少し歩いて名前を呼び、ずーっとよつはが左側になるコースで家まで帰った。よつははちゃんと最後まで私の左側を離れることなく一緒に歩いてくれました。

逃げる気になれば走って行けたかもしれないのに、その選択をしなかったんだね。ありがとう。ちょっとじんわりした三が日の夜。

2021年よ

ことよろ。猫どもと家族と犬と楽しく過ごしたいにゃぁ。

なぞ

ちょっと前に、ぽっくりな死は病死よりも幸せかも・・と書いた。

でも、突然死なれると、残された側の心と頭の中は「はてな」マークでいっぱいになる。躯になったくじゃいらを目にしているのに、現状を全く理解できていない自分がいる。

今日は良く晴れた気分のさわやかな日曜日だった。ちょっと寒いけれど日差しも十分で。だから、家じゅうの掃除をしようと決めていた。居間の掃除機を念入りにかけて、台所や洗面所、廊下も。

普段と違ったのは、新しく家族になった犬のよつはが掃除機を怖がって大騒ぎをして、それにつられて猫たちも逃げ回ったこと。

にぎやかだね・・なんて思いながら階段に掃除機をかけながら2階へ。まず、自分の寝室を・・

そこで机の下に横たわるシマシマ猫を発見。一瞬、事態が呑み込めない。

何が起こったの?!

つやつやの毛のふっくらして愛らしいくじゃいらが死んでいる。え?どうして?抱き上げると温かい。体温高いくらいに感じた。だから、まだ呼び戻せると思ったんだもの。これまで病気でみとった子たちはすべて体温が低かった。

なんで???さすけの時と一緒の頭いっぱいのはてな。はてながいっぱい。決して解決しないはてなが。

I dont know why

くじゃいら(くじら)は、2009年5月にかかりつけ医から譲り受けた。臆病な子でなかなか引き取り手がいなくて、当時そこにいた看護師さんが大切に可愛がっていた。その人の肩にはよじ登ったりしていたそう。

うちに来た時にはもう、少し大人になっていて、5月だったし、キジトラの模様が何だか「くじら波」に思えてそう名付けたんだよ。

メスだとか、色だとか、そんなこと全く関係なく浮かんだ名前が「くじら」だったんだよ。愛称は「くじゃいら」。何となく「イライザ」みたいで良くない!?

本当に美人さんで、くりくりの緑色の目にこげ茶の入ったキジトラ。臆病だから私にしか懐かなかった。

昨夜も私の後について布団に入ってきた。寒かったからくじゃいを引き寄せて抱きしめて寝たね。いつも朝まで一緒で、私の左側の枕の横が定位置だったね。

朝もごはんを待って、遠慮がちに遠くからチュールをねだったね。

そんな君が、寝室で死んでいるのを見つけたよ。体がまだ温かくて思わず抱っこして、心臓マッサージして人工呼吸して。息を吹き返してくれるかと思って。一生懸命名前を呼んで、撫でても撫でても、やっぱり君は温かいままだけど、何も言わず、可愛い長いしっぽを振ってくれることも無く。

あぁ、逝ってしまったんだな、と。

12:30明るい日差しの中。

私がかけた掃除機にびっくりしたのかい?

ペグやん

ペグは2007年7月、かかりつけの獣医さんからやってきた三毛。
可愛かったけど、避妊手術をきっかけに太り始め、気が付けばアザラシ体系になってしまった。でもやっぱり可愛い。
我が家に来て13年。ここ数か月にめっきり痩せた。
何となく排便に問題があるように見える。
昨日から吐きまくっている。機嫌も気分も悪いようで、唸ったり大きい声で鳴いたりしている。

痩せたこともあるから、心配。どこかが痛むのだろうか・・。
明日ってか、もう今日か・・かかりつけに連れて行こう。出勤しなくちゃいけないけど、朝一で。

11月最後の・・

月曜日。明日からもう12月。人生という名の乗り物の車輪が、見事なまでにスピードを上げてる。拍車がかかりすぎてる感じ。
そりゃもう、光速みたいなもんだね。

いきつくその先は・・ブラックホールかね?それとも別の銀河かね??

perdido en tus ojos

午後はレゲトンを聞きながらリラックス。
昼にボーイスカウト活動を終えた相方と娘に合流して、お好み焼きを食べた。
発祥の地の方には申し訳ないんだけれど、私は結構「粉もん」系がそれほど得意じゃない。
野菜がたっぷり入っておいしかったけど、ソースの味が強すぎて、自分はやっぱり醤油派だなぁと思った。

それはさておき、遅まきながら go to eatに手を出してみたら、途端に予算使い切って終了とな。
こんばんは近くのチェーン店でgo to eat予約してあるので夕食予定。
娘が「外食多いね」と一言。そうだね。日曜日の今日は、昼も夜も外食になったね。
冷蔵庫に食材あるんだけど、ロスを出さないように気を付けないとね。

午後に入って急に風が強くなってきた。干した布団は取り込んだのでフカフカ。
敷いたら途端に猫どもが集結。気持ちいい場所はすぐにわかるんだね。さすが。

take me with U

快晴の日曜日。
朝から、オンラインヨガで体をリフレッシュして、天気同様すっきり爽快な気分。
BGMは今は亡きprince様の名曲。take me with u.
あぁ、なんて素敵な日曜日。

長崎経由でやってきた保護犬は晴れて我が家の子になった。初の完全室内犬。犬なんて、外で飼うのが当たり前な田舎者感覚の私ですが、まぁ、仕方ない。
マジで野良犬なんて見ないもんね。ここ数十年。
保護犬は「よつは」と名付けました。まだまだ((((;゚Д゚))))ガクガクブルブルな子ですが、そこも含めて愛せるように私も室内犬を楽しもう。
娘は3日坊主どころか良く続くなぁと思うほど面倒を見ている。散歩の準備とか私に上から目線で指示する始末。ま、いっか。
よつは、は猫にも手出しをしないのでその点はよかった。猫どもは、よつはのご飯をすきを見て否、堂々と盗み食いする度胸がある奴ばかりなので問題ないか。

コロナでマスクを終日つけていることが当たり前になったから、口紅を最近全く使わなくなった。もともとメイクにはそれほど興味が無くて、化粧直しとかしないのだけど。でも、これだけマスクばかりして口紅塗らないと、なんだかとても、強烈に口紅をつけて出かけたくなる。マスク汚れるから実際にはそんな機会は無いけど。

さぶろくは16歳の半分が過ぎて来年には17歳になる。
だんだんと痩せてきて、弱弱しくなってきた。この先どれだけ一緒にいられるのか考えると寂しくなるけど、柔らかくてフワフワなさぶろくを抱きしめて毎晩眠る。鼻水が臭くなって、時々鼻水まき散らしのくしゃみで起こされるけど、それも生きている証拠。愛おしいよね。この時間が長く長く続くことを祈って。

さ、もうすぐおひるになる。空は雲一つない快晴。このまま午後に突入。さて、午後は何して過ごそうかな!

犬prt.3喰うか?!

トライアル2日目。
全く飲まず食わずのまま。今日は日中は1頭でお留守番。ま、猫どもは周りにいるけどね。

娘が学校→学童の流れを早めに切り上げて家に戻り、面倒を見る予定。
愛想もなく、表情の薄いこの「犬」のことを果たして可愛がるのだろうか?と訝る気持ちはあったけれど、かなりねばりづよく付き合っている(まだ2日目だけど)。
朝は7時近くまでゴロゴロしていたのに、1時間も早起きして、相方を起こして早朝散歩へ。部屋の外でも怖いと歩かないので抱っこ(12キロ弱)したり、クレートごと引きずって玄関まで連れってたり工夫してる。
あ?あたし??
ね、寝てますよ。朝ご飯用意する時間が取れるギリギリまでね・・。夜の散歩は私が一緒についていく。人の左側を歩くルールをきっちり守って、人が左になったり、少しでも後ろに下がったり、するととたんにパニックを起こす。体を縮こませて物陰に隠れようとする。

夜になってもフードに全く手つかず。前に居た犬たちだったら瞬殺だったご褒美のジャーキーも食べない・・。うーーーん。ひょっとして・・と思って鶏ひき肉を茹でた。それをさまして、手に取って口まで運ぶ。ペロペロ舐めた。よしっ!とボールごと鼻っ面に差し出すと、最後までぜーんぶ食べました。

よし。明日はフードを混ぜよう!

犬prt.2

今日の朝、譲渡犬が連れられて来た。一緒に散歩して、注意事項を聞いてトライアル開始。
もともと人見知りで鳴かず騒がず、自分のクレートから出ない子だと聞いていたんだけど、これほどまでとは・・。
食べていたというドッグフードも全く手つかず。何も食わず。
パニックを起こして部屋の隅に逃げ込もうとした先にいた「うんじゃる」に大歓迎の強烈猫パンチを喰らうも、反撃も何もせず・・。
ただもう、自分の居場所のクレート内に引っ込んで出てこない。存在を消している感じ。この子がはしゃいだり、しっぽを振ったりする日がくるのだろうか?

長崎県の多頭飼育現場から保護され、しばらく長崎県内で保護生活をしていたとのこと。縁あって東京の愛護団体に引き取られ1か月程度が経過したと聞いたけれど、いったいどんな生活をこれまでしてきたのだろう?物音がすると起き上がって警戒する。目は遠くを見ている感じで感情が読み取れない・・。

苦労したのかね?
怖い思いもしたのかね?
性格を形成する年齢の時に、人にかまってもらうことが無かったのかね?

とにかく少しでも早く慣れてくれ。猫たちと仲良くしてくれ。
そして安心してちょうだい。娘も私も、絶対いじめたりはしないから。

ははうえさま

おげんきですか。
夜ベランダに出でて、ふと夜空を見上げる。
南西方向頭上に
明るく赤い星ひとつ。見つけました。

調べたら、火星のようです。
相方の部屋にある双眼鏡を持ち出してみたかったのですが、もう寝ていやがるので取れません。

この時期はうお座やみずがめ座の近くにあって、それらの星が暗い星なので、火星がひときわ輝いてみえるのだそうです。

あ。やっぱ我慢できない。双眼鏡とってくる。

犬を飼うはめ、否、ことになりそう。
室内飼育。家には猫がいるでしょうに。
私はあまり乗り気じゃない。

でも、飼うことになりそう。
里親会に参加してきた。手広く活動しているところなのかな?
人がたくさん来ていて驚いた。犬が大人気。ブリーダーから繁殖引退→飼育放棄とかも多いみたい。
同じ会場で猫の保護団体も里親会やってたけど、私、猫見ちゃうとあれだから・・・。
心を鬼にして見ないようにした。でもフードの寄付はしてきた。
みんなに幸あれ。

思い立って

仕事を定時に終わらせて、帰宅後夕飯づくり。
娘は「カルボナーラが食べたい!サイゼリヤでも行くか」って言ってたけど。
冷蔵庫には合い挽き肉があり、使ってしまいたい。だから「ミートソース作るよ」と。
頭の中がカルボナーラになっていた娘は少しだけプンプンしてたが、知るかっ!
その後相方と娘は近所の英会話教室に向かったので、のんびり調理。

日曜日に歩いて出かけたスーパーマーケットには洋品店もあり、娘は何着か洋服を欲しがっていたが「そのうちクーポンが届くからそれまで待ってね~」と本当に欲しい服を1着買うだけにしておいた。そしたら昨日早速
お好きなもの1点50%オフ」クーポンが届いた・・。ほら、やっぱり。
何気にそのクーポンを見たら使用期限が「今日」までということが分かり、それを知った相方が「よし、買い物へ行こう!」とな。夕飯食べて晩酌して、ほろ酔い気分ですが、行きますか?

結局何を買ったかというと・・。アームのついたでかい背もたれクッション。娘の欲しかったカーデガンはもともと50%オフの値札が付いたものだった。ついでにそれも買った。
私の欲しいものはなかったので、スーパーでおせんべいを買った。

1日の流れ

今日は、在宅勤務。
ねこどもに囲まれて幸せ気分で仕事。
でも基本床すわりの和風な私。どーも腰が痛む。
そろそろリビングにも自分の部屋にも文化的なソファを置いた方がいいのかね。

相方と子供は某遊園地へ出かけた。
朝起きた娘は自分でサンドイッチを作った。中身は目玉焼きとレタス、それからフルーツサンド。
偉いね。私ははなから「弁当は作らない。」と断言していたんだけど、もう、私がいなくても全然大丈夫そうだね。

16歳を過ぎてヨボヨボになってきたさぶろくを抱っこしつつ、黒猫のリンちゃんやらを撫でつつ午後も仕事。
午後はウェブ会議が2本。
音声を消しつつ、悪態をつきつつ会議。もっぱらオブザーバ。

そうこうしているうちに17時を過ぎる。
遊園地から帰ってきた相方と子供のために夕ご飯を作って、風呂に入って、洗濯をしたら1日終了。あっという間。
もうこんな時間だね。

おやすみ。

秋だね

すっかり秋だね。
今日は歩いて遠くのスーパーまででかけた。往復で4キロ弱の距離感かな。
丁度よい運動になって、買い物もして帰りにはファミレスでブランチ。私は軽くビールを1杯と、油淋鶏。
気分よく帰宅。

最近、外猫の黒猫「レンジ」と「なうん」ちゃんが裏庭にやってきて、お腹が空くとにゃーんと鳴いて知らせてくれるようになった。

娘が犬を飼いたいと言う。
気持ちはわかるけど、日中留守だし、猫いっぱいいるし。万が一何かあったら嫌だから私は引き気味。
いくつか愛護団体の保護犬の候補に連絡しているようだけど、どうかな。うまくいくだろうか。
飼育条件厳しく設定しているところが多いから、見つかるかねぇ。

明日は(たぶん)在宅勤務。
娘は土曜日の運動会の振り替えでお休み。
友達を数人誘って、遊園地へ行くって。引率係は相方。友人同士の楽しさが長く続くといいね。

負け

コロナ禍だから、運動会中止だと思ってたのに、やるんだって。小学校。
半日で、弁当なし。ラッキー。

父母参加メニューなし、未就学児参加メニューなし、卒業生メニューなし。あら?意外とサクッと終っていいじゃなーい?

今年は応援団員にならされて、応援もしなくちゃ、とのこと。
娘は白組。
白組応援団はマイペースで応援もちょっと控えめ。
対する赤組応援団は結束力も強く、組織的に動いて元気もいい感じ。
この差は?と聞くと、赤組応援団は志願者がなっている、白組はそうではない、とな。

うーん。

勝敗も、やっぱり赤組だった。

ちなみに、私は群馬県出身。運動会は、赤組、白組とかじゃなく、上毛三山から名前をとって
赤城、榛名、妙義だったな。
4組になったときは「浅間」も入ったっけ。懐かしいなぁ~。

おもかげ

2017年5月に死んでしまった黒パパの忘れ形見。
りんちゃん。黒猫。
黒パパはもう1歩のところで家猫に成れるはずだった子。
そのおもかげを存分に引き継いだりんちゃん。

日記を書く私の足元に来て寝ころび、じっと私を見つめる。
まるで居間の窓を開けたとき、サッシに手を伸ばして私をジッと見つめた黒パパのようだ。

その視線に面影を感じる。

りんちゃんは、やっぱり黒パパの子なんだね。
声を掛けたら白い歯を見せて声を出さずに「ニャー」っと鳴いた。

←Older