鍼灸

四十肩、ん??五十肩に悩まされていた数年前に、整形外科、整骨院、色々通って、落ち着いたのが「鍼灸院」。
整形外科は、レントゲンとって痛みを軽減するブロック注射して終わり。そのために仕事を休んで長時間診察まで待つとかできなかった。整骨院は、保険がきく電気治療だけでは足らず、保険外のラジオ派なんちゃらとか自由診療もやったけど、結構頻繁に行く必要があったのと、自由診療は何だかんだと費用がかさむので、カーちゃんに相談したら「鍼灸がいいんじゃない?ついでにマッサージなんかもしてくれるところだと効果抜群だよ」とのこと。
で、ネットで探しまくって通いやすそうな鍼灸院を探した。鍼なんてしたことがなくて、正直初回はビクビクしたけれど、1)完全予約制で待たされることがない、そして2)マッサージ(というかほぐし)が適格なので続けることにした。費用は一番高かったけど、「最初の1か月は3,4日に一度くらいは来ていただいた方がよいですよ」とかの利益重視の発言が一切ないので、結果的に自分には向いていたんだと思う。その鍼灸に通うようになって数か月、いつの間にか治っていた。痛みが和らいだころには、腕の可動域が広がるようなマッサージもどんどん取り入れてくれた。
完治を確信してからも、自分の体のメンテナンスのために1か月に1度は通うようにしている。もともと、リラクゼーションマッサージは好きだから、時間があれば色んな店舗でマッサージをしてもらっていたけれど、最近は「マッサージ」だけのお店には全然行くことが無くなった。本当は、アロマを効かせたオイルマッサージなんかを受けたいな・・と思う時もあるけど、お灸のモグサもハーブだしね。ま、いっか。
 今日は、ジャザを受けた後の午後、鍼灸に行った。当初通っていたころとは異なって、店舗を拡大して施術士は3名になったけど、相変わらず懇切丁寧な施術で、鍼を打ってもらっているのにうたた寝しちゃった。「今の鍼、痛くなかったですか?」とか聞かれて「あ、寝てました(笑)」みたいな。

1か月に一度の自分へのご褒美。腰痛や首痛にじわじわと効いてくるのよね。本当に贅沢な時間ですな。

心のゆがみ

新型コロナウイルスのおかげで心が荒む。
マスクしないでマラソンしている人がたくさん。
飛沫が飛ぶとかいろいろ報道されてるでしょ?
数人で河原でBBQ、密作ってどーするのよ!?

って。

普段だったら「へ」とも思わないことに、警戒したり目くじら立てたり。

自分は大丈夫だと思っていても、マスクしないでマラソンしている人たちを、意識的に避けたりする。

自分ってこんなこと考えるタイプだったっけ?と自問自答。

じわじわと心の中にも入り込んできやがるんだな。

コロナ狩り

うちの職場で誰が最初にかかる?
習い事のお友達は大丈夫かしら?
子供連れて外出歩いたら白い目で見られるかな?
世の中、そんな風になってない?
—-
性質の悪い風邪みたいなもんだと思ってればいいやって感覚だった。
そしたら深刻さが増して、
深刻さが加速して、マスコミの報道で益々ひどくなって。
感染拡大が全然止まらない。

でも、この段階になったら感染経路なんて調べたったわかんないよ。

今日は寒かったけど、親子で歩いて近所のスーパーへ。
娯楽は許されず、マスクをして、生きていくための食料品を買いに行くことだけは、許される、、みたいに感じる。
心的圧迫が強いよね。
2時間ちょっと3人で散歩がてらの買い物。少し気分がスッとした・・かな。

状況は改善していないにしろ、気持ちだけは穏やかでいたいね。誰がいつどこで感染したっておかしくないもん。

too much!

相方は7日から出張。戻りは月曜夜。

そんな中、娘が朝ごはんにと「魚肉ソーセージと炒り卵」を作ってくれるという。
申し出をありがたく受け、一切口を出さず、調理をお任せした。
こんなことも普通にできるようになったんだなぁ・・。思いながら。

味見をした娘が「ママ、しょっぱいよ」と言う。

ま、多少はいいんじゃね?と思い、一口パクリ。

あちゃー。血管きれちゃうよ!!位の塩加減。「しょっぱいね」「ごめんね」
「塩はどれくらい入れたの?」ときくと、小さじ(より小さいスプーンだけど・・)2杯とな。随分いれたね~。魚肉ソーセージにも味ついてるからね・・。

頑張って3口食べた。でも、それ以上は・・。娘よごめん。せっかく作ってくれたのにね・・。とはいえ、娘も「無理だ・・」と言った。

塩は無くてもいいんだよ。後で足せばいいからね。とちょっとしたコツを伝授。また、作ってくれるって。

ピーク

最近の傾向として、22時30分くらいに眠気のピークがやってくることが多い。
そんな時にちゃんと、タイミングよく眠ってしまえばよいのだけれど、どっこい、人間(私)は、欲深いので22時から24時までは、絶対に自分の時間だから、好きな海外ドラマを見たり、ネットサーフィン(死語)をしたり、ネットでポチっとしたりしたいわけ。だから、逆に23時を過ぎると目がらんらんとしてきちゃうの。

そんな今夜、好きなドラマの一つNCISを見ていたら、急に睡魔が・・・
ハッと起きたらちょうど番組が終わったところだった・・ショック・・・落ちが分からん。
っていうか、再放送だから以前見ているのがまだ救い。うーん、だけどスッキリしないな。

もう寝よ。おやすみ~

タイミング

加齢の影響か、左ひざの調子がかなり悪い。昨夜のテニスでは、すぐそばに落ちたボールも拾えなかったくらい。それは技術とセンスの問題かもしれないけど・・。立ち上がる時に痛むのと、左に重心を置いて、ひねる動きとか出来ない。膝が抜けそうな感覚になる。
仕方ないから整形外科に予約かな。面倒くさいな。

で、1月に鍼灸院に行って以来、体が不調になっても、仕事の目途がたたなかったり、予約が埋まったりしていてタイミングが合わずになかなか行けなかった。今日も今日とて、午前中は仕事だし、鍼灸院からのラインで、本日も予約フルですとの連絡が来たし。行きたいなー、って思ってたところ、仕事終了後の車の中で、ブルっとしたマイスマホ。良くみたら、鍼灸院様から、「午後の〇時に空きがでました!」とのラインが。運転中の相方が「いいね、行ってきなよ」と。すかさず電話で「行きます行きます」と連絡。おかげさまで70分間、鍼灸とマッサージしていただいて、極楽気分♪でした。

タイミングと言えば、、、
バスがちょっとした交通違反で白バイに止められてしまった所を目撃。っていうか、そのすぐ後ろを走っていました。
バスも止めるんだね~。ま、当たり前と言えば当たり前だけどね。乗ってる乗客も、運転している運転手さんも、お気の毒だった。

親知らずのうえで。

最近、はまっているもの。それは「鮭とば」。
しょっぱいから、ちょっと気を付けないといけないと思いつつ、テレビを見ながらムシャムシャ。
夜中にお腹がすいてちょっとムシャムシャ。

ムシャムシャが止まらない。

ところが、鮭とばには時々硬いのがあって、それが左下奥歯の親擦らずのうえの歯茎に傷をつけたらしく、1週間ほど前から口内炎になってしまった。そこが痛む痛む。
憂鬱になるほど痛い。

これが治ったら、下の親知らずを抜きに行こう。もう5年計画なのに、まだ行けてない・・。真横を向いて出てこない親知らずなんていらない!!

ジタンメモ。
1.5日ほど食事をとらなかったけれど、今日はカリカリを空っぽにしていた。
あと1週間くらいしたら、獣医さんかな。様子を見よう。

筋肉痛じゃんっ!

手を抜き?力をセーブして、受けたつもりのピラティス・・・。

朝起きたら、二の腕、痛い(筋肉痛)
腹筋・・・痛い(奥の方が軽くね)

インストラクターの言ってたとおりの所が、両方とも筋肉痛。

ピラティス、凄いや。

レッスンが月曜の午前中しか組まれていないので、なかなか行けるクラスじゃないけど、休みがあったときは、取りに行きますか。
マジで。

体幹鍛えるのに、ピッタリじゃーん。

Moviendo caderas

足元から崩れていく感覚があってもいいさ。
積み上げてきたものが、壊れることだってあるさ。
バランスを失うことだってあるよ。
::
にんげんだもの。

そんな時は、ジャザサイズへ行って、ダンスと筋トレ。体を動かせば何とかなるさ。
冷たい雨だけど、仕事終わって、子供を迎えに行ったあと、1時間。楽しかったけど、気分は晴れなかった。

今もまだ雨が降っている。結構激しい雨だ。
この雨が上がれば、自分の気持ちも青空に向かうかな?

やっぱりね

2017年9月の空

2017年9月の空

耳の下が痛むという子供を、昨日の夕方耳鼻科に連れて行ったところ、「溶連菌感染」って診断だった。そういえばベロが何だかイチゴっぽいね、とか、でも熱は無いよね、、とか言ってたけど、溶連菌だったのか。
溶連菌は、抗生物質飲んで24時間たてば、登校しても良い、とのことなので水曜日から学校は行けそうだね。熱は全くないしね。
でも、そう考えると、私ののどの痛みも溶連菌って恐れがあるよね。
子供の病気は侮れないから、私も診察してもらった方が良いのかもな。

相棒が仕事を休み、一日看病(?)してくれた。

やれやれ

こう頻繁に体調が悪くなるのは、

年のせい?
季節のせい?
仕事のせい?

放っといても、年は取る
あくせく働いても
何もしなくても
平等に時間は流れる。
時間の流れの速さは、感じ方が違うだけ
そして、一人ひとりに与えられた時間の長さも、ひとそれぞれ。

うん。今を生きよう。

Let’s Live for Today by Grass Roots
Youtube様はここ⇒ https://www.youtube.com/watch?v=a2zgmKtH_7M

検便よりインフル検査!

ここ数日の体調不良のため、本日、土休。
子供を学童に連れて行き、食事はできないものの気分が良いので、まず朝風呂⇒洗濯⇒ジャザサイズへ。
体が本調子では無いので、少し慣らし慣らし運動って感じね。でも、1時間運動できました。体、復調してきたことを実感。昼ご飯にラーメン(塩味)を作ってみた。1/3位食べられた。でも沢山はダメだね。胃が痛くなる。

午後子供を迎えに行き、習い事の絵画教室へ連れて行ったあと、主治医にジタンを連れていった。ここ1週間このジタンもほとんど食事をしていない。体重を計ったら2.8キロ(だったかな・・忘れた)前に連れてきたときは3キロを超えていたからかなりの減量。輸液をして注射もしてもらった。そして口の中を見たら血色が悪く舌の色もかなり悪いとのこと。口内炎の注射も打ってもらった。
私の体調不良のことも話し、ジタンが回虫持ちだったことを知らず、撫でまわしていたこともあるし「猫回虫の卵飲んだらお腹でかえっちゃうでしょ?それかなー?」「回虫っていうくらいだから回るんだよ、体中」と脅され、「検便したらわかる?」「わかるよ」とのことで、不調が続くようなら検査しようと心に誓いました。
世話した後は手を洗うようにしていたけど、完ぺきだったか・・といわれると自信ないもんな・・。

夜、主治医から体調を気遣うラインが!
「検便よりもインフル検査してください。熱が出ないインフルが流行ってるらしいよ!」

アイアイ、サーッ!!

廃人?

目が覚めた。何とかね。気分は、まだ悪く体調はすぐれない。だけど、今日は重要な委員会がある。
だから、行かなくちゃ・・。昨日よりは幾分マシな気分だし。

午前中の会議は何とかクリア。このまま体調良くなるかな~なんて思っていたら、午後から悪化。
昨日からほとんどご飯が食べられなかったから、昼ご飯は少し食べよう、と無理したのが悪かった。お米はくちにできず、お豆腐と、お浸しを食べたら、、、どんどん気持ち悪くなってきた・・・ヤヴァい感じのまま、会議に突入だ!!

午後からの会議・・というか打ち合わせは5時間ほどかかった。その間殆どうつむいて吐き気を抑えている感じだった。こう書くと、昨今の「熱の出にくいインフルB?」とかって思っちゃうよね。
でもさ、家の体温計が壊れたと思って、新しいの買いなおしたのよ。職場の売店で・・で、さっそく測ってみても、35.7って・・・私こんだけ気分悪いんですけど!!
そんなこんなで、会議には集中できず、真っ青な顔をしていたらしく「死にそうだけど、大丈夫?」と声をかけられる始末・・。こんなんじゃ、いないも同然よね。

会議が終わり速攻で帰宅。
今夜のテニスにも行けず。トホホな一日。

バタンQ

朝起きた時から、何となく頭痛があった。
ゆっくりしたかったけれど、子供の登校班の付き添いがあった。その時、昨日学童であったもめ事の当事者とすれ違ったので、彼に「おばちゃん、話があるんだけど、いい?」と声をかけた。すると神妙な顔をして「ごめんなさい」と言ってきた。何だか拍子抜け。きっと学童から親御さんに話が行って、こっぴどく叱られたんだと思う。顔を見ると情が湧く。これ以上私が言うことも何もあるまい。「暴力は止めてね」とだけ伝えた。わが子にも場所をわきまえて行動するように伝えた。

仕事に出かけ、何とか頑張ろうとしたけれど、だ~んだん気分が悪くなり、仕事が手につかない。午前中は踏ん張って、午後お休みをもらおうと思ったが!我慢しきれなくなり、年休にして帰宅⇒そのままバタンキュー。
具合が悪いとさ、起きられないのよ。無限に眠れるっての?
胃腸も調子が悪くて、何かを口に入れると吐き気がする。ってことで、ただひたすら眠るだけ。ひたすら眠って夜になるころには、ジャザサイズに行けるくらいに元気になるかしら?な~んて思っていたら、、、さにあらず。起きたら既に20時を過ぎていて、ジャザにも行けず、具合も良くならず・・・。
熱を測るも、35度台・・
体温計・・故障!?

テニス

私も子供もテニス教室に通ってまるまる1年が経過し、今年でまる2年経過?
::
先日、「やる気ないなら出て行きなさい!」とコーチに言われた子供。それを見ていた相方が、耐え切れず「やる気ないなら続ける意味が無い」と言い切った。子供も「友達に会いたいだけで、テニス好きじゃない」と言い出した。
それなら、流石に意味は無いかも、と私も思った。
でも、自分がやってて下手なりにもテニスは面白いと思う。もう止めちゃっていいんだろうか?と思って子供に尋ねた。
「会いたいと思ってるお友達は、皆、上達して別のクラスに行っちゃったから、今、誰にも会えないよ。も少し頑張ってみたら前のお友達と一緒のクラスになれるかもよ?」
:::
その時は、叱られたのもあって、後ろ向きな考え方満載の娘だったけれど、本日のテニスはとてもとても頑張ったとのこと(相棒談)。
お迎えに行った車の中で、娘が「パパ、テニスもう少し続けたい」と話し出した。
自分で決めたんだ。
えらいね。
じゃ、もう少し続けてみよう。
上達はスローでも全然いいんだよ。自分のぺースでゆっくり、進もう。

そして、今日は1日遅れの誕生日会。日曜日だからのんびりね。
ケーキを食べて、子供リクエストのシチューを作成。沢山食べてお腹いっぱいだね。

10月日記おまとめ更新!

キジトラだらけ

キジトラだらけ

9月に一斉に子猫を保護。写真の子はそのうちの1匹。仮の名をヒコリン。
ママ猫はこの子にそっくりな小さなキジトラ。まだ子供だと思っていた7月頭、子猫を4匹産んだ。人懐っこいお母さんだったけれど、撫でさせてはくれず手を出すと引っ搔いた。子供が生まれてからは、その子たちを守るのに必死だったと見えて、性格が尖がった。
でも、キッチリと子育てをしてくれたようだ。
お盆を過ぎたころ、裏の貸家の庭で生活しているのを見つけた。子供は、真っ黒猫2匹、キジトラ1匹、キジ白1匹。のろまな黒猫2匹を捕まえた。そうこうしているうち、近所の方がママ猫を捕まえたから手術に連れて行くといった。1週間は入院するとのこと。残った2匹の子猫が心配だ。
ってことで捕獲作戦開始!
1)まずは、パパ猫1が捕まった。パパ猫1は、キジ白の子猫そっくりのパパン。
2)次にパパ猫2を捕獲。パパ猫2は真っ黒のクロスケ。

お前たちを捕まえたかったわけでは決して無いが、前々から気になっていた未去勢オスたちなので、せっかくなので先生のところへ。クロスケは、耳にケガをしていたので、ついでに手当(獣医さんによれば、蚊に刺された事によるアレルギーだって)。

3)キジトラのひこりん、捕獲。オス

4)一番臆病なキジ白を捕獲。メス。仮の名をオーリン。

——捕獲作戦、無事終了。
あとは里親探しだよね~。

右腕の調子がますます悪くなり、整骨院に通う日々がはじまる。
テニスひじ痛→二の腕痛→肩痛(?十肩か!)。利き腕が上がらず、寝る時も上にしても下にしても痛む。冷えるとさらに痛む状態が続き、結構なストレス。テニスを休んでみても状態は変わらないので、テニスは行こうっと。

ジャザサイズ・・すっげー楽しくて行くのが楽しみ。汗の量が半端ないのと、終わった後のすっきり感ったら無いわぁ~。

ずーっと子供と一緒に寝ていたけど、腕痛をきっかけに、子供にも1枚布団を用意し、別々に寝ることに。

仕事は忙しすぎて、何があったかいちいち覚えていられない感じ。そんなこんなで、もうすぐ今年も2枚を残すのみ。あ、カレンダーの枚数ね~。

うずらとピアス

こんな感じでした♪

こんな感じでした♪

昨日、手術してもらう皮膚科のホームページを見ていたら、ピアスの穴も開けてもらえるらしい(実際はピアッサーでチタンピアスを打ち込んでくれる)。ピアスも、今回手術して取る粉瘤と同じくらい長い間開けるか開けないか迷っているものだった。イェーイッ!ついでにやっちゃえっ!痛いのは同時に終わらせた方がイイしぃ・・ってことで、受付で「ピアスも同時に出来ますか?」と聞いてみた。「もちろん、いいですよ~。片耳4000円、両耳8000円です」。まず手始めにピアスから。先生が打ち込む場所を最終決定してくれて、ズドンッと一発、おまけにもう一発!でハイッ!!終了。綺麗にチタンピアスがはまりました。打ち込まれる瞬間はちょっと怖くて少々後悔したけど、殆ど痛みを感じなかったので全然大丈夫でした。「点」に集中する痛みを想像していたけれど、そんな風では無くて鈍い衝撃、という感じでした。

::

さて、本チャン。
アテローム摘出です。思ったよりも大きくて、皮膚との癒着もあって先生は時折ブツブツ言っていた。局所麻酔が効いていて、引っ張られたりする感覚はあるけど、まったく痛くない。40分以上かかってようやく「ソイツ」が体外へ。先生が見せてくれたソイツはラグビーボールのシェイプでウズラの卵大だった。「おっきいねぇ・・・・」「粉瘤ってこすると臭いってみんないうよね。垢?の臭いだね」と手術中に先生が言った。最終的には6針縫いました。

あーヤダヤダ。そんなヤツが自分の中にいたなんて。でも、念のため病理検査もするのよ~。

←Older